ガリバー羽鳥由宇介社長

ガリバーの羽鳥由宇介社長は、都内で一部メディアと懇談会を行なった。その席で羽鳥社長は「新興国へは2013年にも事業展開することを視野に入れている。現在は調査の段階」と述べ、本格的な海外展開に取り組む方針を明らかにした。

国内では、年間約20万台の自動車流通を手がける同社。新車流通に対する取り組みとしては、スズキや三菱自動車との連携を実施するなどチャレンジを続けている。

国内の自動車流通について羽鳥社長は「衣料品や家具、家電などに比べ国内のリテール分野のなかでも変化が進んでいない分野。もっと自動車購入者目線で流通の形を変えていく必要があります」とし、積極的に変化を促す姿勢を示した。

海外事業については「来春をめどにアクションが起こせるよう、調査をしている段階。自動車メーカーとの連携も含めて、まずは現地中古車の流通に対して、日本国内で培ったノウハウを応用できるか可能性を模索しています」とした。

バンコク市内のホンダディーラー《撮影 池原照雄》 バンコク市内のホンダディーラー《撮影 池原照雄》