新型シルフィ≪撮影 小松哲也≫

日産自動車の志賀俊之COOは12月5日に国内で発売した新型『シルフィ』について、全世界で年間50万台販売する目標を明らかにした。

志賀COOは同日横浜市の本社で開いた新型シルフィ発表会で「世界120か国で発売して、全体で50万台の販売を計画している」と述べた。日本での販売目標は月600台。

シルフィが属するCセグメント市場は競争が厳しいが志賀COOは「やはり量が増えると相当な形で開発に力を入れることができる。新型の燃費の良いエンジンを入れたり、装備を充実させることによって、世界中で厳しいセグメントだが、その中で我々はメインストリームのど真ん中でしっかりとライバルメーカーに伍して戦っていきたい」と強調した。

また日本に先行して投入した国での販売状況は「中国でのシルフィは、尖閣問題が起こる直前の導入だったので少しそれによる影響を受けたが、11月は8000台の販売ができている。こういう日中関係の中でしっかりと(数字を)出してくれている。タイでも計画以上の台数がでている。今のところ我々の思惑通りしっかり戦ってくれていると評価している」という。

新型シルフィ≪撮影 小松哲也≫ 日産自動車・志賀俊之COO≪撮影 小松哲也≫ 新型シルフィ≪撮影 小松哲也≫ 新型シルフィ≪撮影 小松哲也≫ 新型シルフィ≪撮影 小松哲也≫