AGC・UVベール プレミアム クール オン

AGC(旭硝子)は、世界で初めて、紫外線を約99%カットしながら、日射しの暑さやジリジリ感の原因となる赤外線をカットする新しい自動車ドア用強化ガラス「UVベール プレミアム クール オン」の販売を開始した。

同製品は、12月5日に発売されたトヨタ『ヴィッツ』特別仕様車に「IRカット機能付スーパーUVカットガラス」として採用されている。

AGCは、女性ドライバーにとって窓周りの悩みである日焼けやしみの原因となる「紫外線」を約99%カットする「UVベール プレミアム」を2010年12月に発売し、採用車種は現在15車種に広がっている。

今回、紫外線カットに加えて、「車内が暑い」「運転中に腕がジリジリする」といった「赤外線」を原因とする不快感も解消するため、従来品の赤外線カット性能を高めた「UVベール プレミアム クール オン」を新たに開発した。

新製品は、快適なドライブ環境を実現するとともに、暑さを和らげ、弱めのエアコン設定を可能にすることで環境負荷低減にも貢献する。

AGC・UVベール プレミアム クール オン