ホンダ スペリア(広州モーターショー12)《撮影 土屋篤司》

ホンダの中国現地法人は12月4日、11月の中国新車販売の結果を明らかにした。

同社の発表によると、総販売台数は4万1205台。前年同月比は29.2%減と、9月の40.5%減、10月は53.5%減からは持ち直したものの、3か月連続で前年実績を下回った。

中国では9月中旬、日本政府による尖閣諸島の国有化に反発する大規模なデモが発生。その後、現地では日本車に対する不買の動きが広がった。ホンダの中国新車販売も、引き続きその影響を受けているが、11月実績は9-10月ほどの落ち込みにはなっていない。

ホンダの2012年1‐11月中国新車販売台数は、前年同期比0.8%減の53万5313台。9月以降の減少により、前年割れとなった。ホンダは当初、2012年の中国新車販売目標を、2011年比2割増の75万台に設定。しかし、9-10月の大幅な落ち込みにより、目標を2011年並みの62万台へ下方修正している。

ホンダの中国合弁には、広州汽車との広汽本田、東風汽車との東風本田の2社がある。広汽本田は『アコード』(日本名:『インスパイア』)などを、東風本田は『CR-V』などを製造・販売している。