三菱・アウトランダー《撮影 内田俊一》

三菱から発売された、新型『アウトランダー』のフロントには、電子制御のLSDが装備されており、悪路での発進性に貢献しているという。

開発本部パワートレイン設計部主任(ドライブトレイン設計担当)の高橋直樹さんは、ぜひ、S-AWC(Super All Wheel Control)の発進性を体感して欲しいと話す。「(S-AWC装着車は)フロントに電子制御LSDを装備しており、これは他社ではやっていない、三菱の特徴のひとつです」とし、「滑りやすい路面では、路面の左右は均一ではないところが多くありますが、発進は容易です。例えば、スキー場の最後に入る駐車場などの登りでも、この電子制御LSDがあると、登れなくなることは全くありません」とその走破性に自信を見せる。

また、ぬかるみはまったとしても、問題なく脱出できるという。「ハンドルを切った方向に押し出すような感じで、ハンドルが効くのです」。つまり、「電子制御LSDがあると、トルクがハンドルを切った方向にかかるのでまっすぐ行こうとせずにきちんと曲がってくれて、きちんと脱出できます」と述べる。

高橋さんは、「通常フロントにLSDを使うと、左右の車輪を直結にするので、ハンドルに違和感が出やすくなります。そこで今回は、電動パワステの採用とその制御を行うことで、片側の車輪が路面をつかみすぎて、ステアリングに違和感が出そうになっても大丈夫なようにしました」。その結果、「フロントLSDのポテンシャルを100%引き出せています。そういうところを実際に体感して欲しいですね」と語った。

三菱・アウトランダー《撮影 内田俊一》 三菱・アウトランダー《撮影 内田俊一》 三菱・アウトランダー《撮影 内田俊一》 三菱・アウトランダー《撮影 内田俊一》 三菱・アウトランダー《撮影 内田俊一》