ピレリ

ピレリのモータースポーツ部長ポール・ヘンベリーは、「F1には8年とか10年のスパンでF1参戦を続けないと意味はない」と語る。

ピレリがF1タイヤを独占供給するようになった2011年以来、F1チーム、ドライバーは急激なデグラデーション特性に翻弄され続けてきた。現在、ピレリの供給契約は2013年一杯までが期限だが、会社の経営上層部は契約の延長に前向きであるとヘンベリーは明かしてくれた。

「いかなるコストも厭わないという無条件での容認ではありませんよ。ピレリは営利企業であり、世界の一部には非常に経済環境の厳しい地域もあります。ただし、基本的な考えとしては、全条件が現実的レベルにとどまる限り、少なくとも中期的にF1に取り組みたいというピレリの希望は、これまで申し上げてきたとおりで同じです。その一方でわれわれに抗しがたい外部の事情が発生すれば、考えが変わることはあるかも知れません」

「F1スポンサードがセールスに効果を発揮するまでには8〜10年は必要だと言われています。これがF1参戦の望ましい期間であるわけですが、ピレリの場合は単なるスポンサーではなくテクニカルサプライヤーです。ですから、投資に見合うリターンを得るためには、中期的視野の契約期間が必要なのかも知れません」

ピレリ