【三菱 アウトランダー 発売】4WDシステムを軽量化し、エコにも配慮

三菱自動車から発売された新型『アウトランダー』の駆動系は、先代の持っているきびきびとした走りは踏まえながらも、環境性能も加味した作り込みが行われた。

同車試乗会において、開発本部パワートレイン設計部主任(ドライブトレイン設計担当)の高橋直樹さんは、「三菱の四駆らしいきびきびとした走りは当然踏まえながらも、今回の大きなキーワードである環境性能をにらんで開発を行いました」と説明する。

具体的に、パワートレインでの環境性能実現のために行ったこととして、新電子制御四駆システムの採用がある。これは、先代モデルと比較し軽量化され、また、4WD制御に用いるセンサー情報を追加することで、レスポンスの良い緻密な制御を可能とし、ドライバーの意図した走りを実現出来るよう進化したものだ。「このシステムに、4WDECOモードを設定しました。これは従来の2WDモードと呼んでいたもので、従来並みの燃費を維持しながら、四駆の性能をしっかり発揮しなければいけないところは、しっかりと発揮させるというものです」

高橋さんによると、「厳密には四駆なのでスリップしたら路面をつかもうとするので、(燃費には)悪い方向に働きます。しかし、従来からあるアクセル開度センサーなどの他、ハンドル角度など多くのセンサーを10以上追加することで、ドライバーの操作状況や、走行状態を、従来よりもさらに的確に把握し、緻密な制御を行うことで、ニ駆で走るべきところと、四駆性能を発揮するところを細かく制御させました」。その結果、「従来並みの燃費性能を維持したまま、四駆性能が必要なところはしっかりとその性能を発揮出来るようになったのです」と語った。

【三菱 アウトランダー 発売】4WDシステムを軽量化し、エコにも配慮 【三菱 アウトランダー 発売】4WDシステムを軽量化し、エコにも配慮 【三菱 アウトランダー 発売】4WDシステムを軽量化し、エコにも配慮 【三菱 アウトランダー 発売】4WDシステムを軽量化し、エコにも配慮 【三菱 アウトランダー 発売】4WDシステムを軽量化し、エコにも配慮