12月2日午前2時ごろ、東京都千代田区内の都道を走行していた乗用車が丁字路交差点を止まらずに進行。国会議事堂正門付近に衝突する事故が起きた。クルマは中破。運転していた30歳代の男性が意識不明の重体となっている。

警視庁・麹町署によると、現場は千代田区永田町1丁目付近で片側5車線の直線区間。乗用車は左折レーンを進行していたが、左折せずに丁字路交差点を突き当りまで直進。そのまま国会議事堂正門左側の外壁に突っ込んだ。

クルマは中破。運転していた30歳代とみられる男性は近くの病院へ収容されたが、意識不明の重体となっている。

男性に目立つ外傷は見られず、警察では運転中に意識を失って事故を起こした可能性が高いとみて、男性の回復を待って事情を聞く方針だ。