全国軽自動車協会連合会が発表した11月の軽自動車ブランド別新車販売台数によると、ダイハツが前年同月比10.4%減の4万6898台とマイナスだったものの、シェアトップを堅持した。

2位のスズキは同0.1%増の4万5271台とダイハツに迫っている。3位のホンダは前年同月の約3.7倍の3万0601台と急増、シェアが20.4%となった。

1位:ダイハツ 46898(10.4%減)
2位:スズキ 45271台(0.1%増)
3位:ホンダ 30601台(275.5%増)
4位:日産 11835台(22.8%減)
5位:三菱自動車 5219台(24.4%減)
6位:マツダ 3965台(0.4%増)
7位:スバル 3232台(65.3%減)
8位:トヨタ 2931台(42.4%増)