豊田通商は、フランスの大手商社CFAOの株式公開買付の結果、連結子会社となると発表した。

豊通は既にCFAOの発行済株式の29.8%取得を完了しているが、出資比率を引き上げるため、11月23日まで株式公開買付を実施した。取得価格は1株当たり37.50ユーロ。株式公開買付には3593万1623株の応募があり、これらを取得し、出資比率は88.20%となる予定。株式取得価格の総額は13億4740万ユーロ。

豊通は、モビリティ分野で南・東アフリカ地域を中心に25カ国でトヨタ車などのネットワークを持つ。CFAOは北・西アフリカ地域を中心に32カ国で20ブランド以上の自動車代理店・販売店を展開している。

豊通はCFAOの子会社化により、アフリカでの展開国は全54カ国中48カ国となり、アフリカ全土での事業展開が可能となる。