ポルシェデザイン「ブラック・クロノグラフ」

ノーブルスタイリングは、ポルシェ・デザインのリストウォッチの輸入販売を開始した。

世界で初めてリストウォッチに、チタニウムを採用するなど、スイス時計史に残る名作を生み出してきたポルシェ・デザインは1972年の設立で、今年設立40周年を迎える。今回これを機に発表された3つのリストウォッチを限定で再現した「ヘリテージ・コレクション」にフォーカスをあてながら、ポルシェ・デザインブランドを日本市場に訴求する。

ポルシェ・デザインでは2010年から、設立40周年にあたる2012年にかけて毎年、新しいクラシック作品を「ヘリテージP’6510」というプロダクト・ラインで発表している。

2010年に1980年のチタニウムを採用したリストウォッチから30周年を記念したモデル、2011年には1878年に初のコンパスを内蔵したリストウォッチ、2012年にはF.A.ポルシェデザインにより1972年に発表され40周年を迎える初のブラック・クロノグラフの3モデル。各モデルには限定ナンバーが刻印され、1から100はこの3部作をセットにしたスペシャル・ボックスで、101から911までの811本は、単品での販売となる。

ポルシェ・デザインが1972年に発売したブラック・クロノグラフは、レーシングカーの計器のようにインデックスと針を除き、マットブラックに仕上げられている。P’ 6510ブラック・クロノグラフは、発表当時のケースはブラックペイントだったが、ブラックのPVD処理が施され、ケースサイズも現代の時流に合わせ6mm大きい、44mm。ムーブメントにはETA7750が搭載され、防水性能は10気圧。

生産数は911個の限定生産。価格は66万1500円。