マツダ CX-5 の2014年モデル(ロサンゼルスモーターショー12)

マツダの米国法人、マツダノースアメリカは11月29日、米国で開催中のロサンゼルスモーターショー12において、北米向け『CX-5』の2014年モデルを発表した。

CX-5は2012年2月、米国市場へ投入する。日本向けと同じく、ガソリンエンジンは2.0リットル直列4気筒「SKYACTIV-G」のみで、最大出力155ps、最大トルク20.7kgmを発生する。

今回発表されたCX-5の2014年モデルは、従来の2.0リットルに加えて、2.5リットル直列4気筒ガソリン「SKYACTIV-G」を新設定。このユニットは、すでに新型『アテンザ』に搭載されており、CX-5の場合、最大出力184ps、最大トルク25.6kgmを引き出す。

2.0リットル比で、最大出力は29ps、最大トルクは4.9kgmの上乗せ。マツダは2.5リットルの設定で、いっそうのパワーを求める北米ユーザーのニーズに対応した。マツダノースアメリカは、「小型SUVクラスの自然吸気エンジン車で、最もパワフルな1台」と説明している。

マツダ CX-5 (米国仕様) マツダ CX-5 (米国仕様) マツダ CX-5 (米国仕様) マツダ CX-5 (米国仕様)