フォード・フィーゴ

米自動車大手、フォードモーターのインド法人、フォードインディアは12月1日、11月のインド国内の新車販売の結果を公表した。輸出分を含めた総販売台数は、1万0155台。前年同月比は0.6%増と、2か月連続で前年実績を上回った。

1万0155台の内訳は、インド国内販売分が5944台で、前年同月比は28.6%の大幅減。一方、輸出分は4211台で、前年実績のおよそ2.4倍と大きく伸びる。

インド国内販売の主力は、2010年3月に発売した新型コンパクト、『フィーゴ』。同車は欧州Bセグメントの人気車種、『フィエスタ』をベースに、専用内外装を採用したインド向け戦略車だ。

フィーゴは2012年10月、初の改良モデルを発表。内外装を中心に100か所以上の変更を受けている。すでに新しいフィーゴの輸出は10月から開始。インド国内販売も11月から本格化した。しかし、11月の国内販売が前年同月比28.6%減と落ち込んだ結果には、フィーゴ効果は表れていない。

フォードインディアのVinay Piparsaniaエグゼクティブ・ディレクターは、「インド市場は減速傾向にあるが、顧客の足は販売店に戻りつつあり、今後の成長が期待できる」と述べている。