スバル SHARC

11月28日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー12。11月30日、同ショーの主催団体は、「2012デザインチャレンジ」の最優秀作品に、スバル(富士重工)の『SHARC』を選出すると発表した。

ロサンゼルスモーターショーでは毎年、「デザインチャレンジ」と呼ばれるイベントを開催。米国カリフォルニア州にデザイン拠点を置く自動車メーカーによるデザインコンペティションだ。2012年はスバルの他に、GM、BMWグループ、メルセデスベンツ、ホンダ(日本と米国)が参加している。

2012年のテーマは、「2025年のハイウェイパトロールカー」。スバルの米国R&D部門が、今年のデザインチャレンジに出品したのが、SHARCである。車名のSHARCとは、スバル・ハイウェイ・オートメーテッド・レスポンス・コンセプトの略。

SHARCは、4輪にインホイールモーターを内蔵したEV。それぞれが96psのパワーを引き出し、トータルで最大出力384psを発生する。24時間のパトロールを可能にするため、自動運転のロボットカーとして、警察官の負担軽減にも配慮する。

サスペンションに、電子制御のフレキシブルアームが採用されるのも特徴。路面や走行状況に応じて、車体を浮かせる「ホバーモード」に切り替わる。緊急走行を知らせるレッド&ブルーのライトが、タイヤ&ホイールに組み込まれるのも特徴。スバル自慢の「アイサイト」も、3Dゴーグルと連動した新バージョンに進化した。

また、任務が終了すると、車体がコンパクトに折り畳まれる点も斬新。樽状の格納庫に収納される。

審査員のひとり、デザインLAのチャック・ペリー氏は、「今年の作品は、革新性や技術の面で素晴らしいものばかり。中でもスバルのSHARCは、今年のテーマに最も忠実で、高い機能性や問題解決のテクノロジーを提案していた」と述べ、SHARCを高く評価している。

スバル SHARC スバル SHARC スバル SHARC スバル SHARC