ソーラーフロンティアがCIS薄膜太陽電池モジュールを供給した下水流発電所が稼働開始

ソーラーフロンティアは、CIS薄膜太陽電池モジュール約6700枚を供給した大規模太陽光発電所(メガソーラー)「下水流発電所」が稼働したと発表した。

今回新設したメガソーラーの周辺地域は、毎年10月半ばごろになると1万羽のナベヅルやマナヅルなどがシベリア地方から渡来する土地として有名で、環境省の「残したい日本の音風景100選」にも選ばれている。メガソーラーの建設地としては珍しい。

下水流発電所は、現時点で鹿児島県最大級となる1MWの設置容量であり、2万平方メートルの敷地に約6700枚のソーラーフロンティア製CIS薄膜太陽電池モジュールが設置されている。複数の地元の有志が出資する合弁会社「出水ソーラー事業」が発電事業者となる。年間想定発電量は約122万kWで、発電した電力はすべて九州電力に売電する。

ソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池は、カドミウムなどを含まず、製造時の原料や電力使用が少ないため、環境に優しい。同社は今後とも経済性と環境性に優れたCIS技術の研究に注力していくとともに、より高性能の太陽電池を提供していくとしている。