三菱自、米子会社が南加大学のスマートグリッド実証試験を支援

三菱自動車の米国における製造・販売会社ミツビシ・モーターズ・ノース・アメリカ(MMNA)は、南カリフォルニア大学が行うスマートグリッド実証試験を支援することを発表した。

実証試験は、電気自動車(EV)の普及に必要なインフラの開発や整備を目的としており、人口5〜6万人の都市でのEVの利用を想定し、2年間にわたり様々な状況下での使用実態を調査する。

MMNAは、同プロジェクトの試験車両として12台の『i-MiEV』を提供するとともに、240V充電器の提供や、EVメーカーとして培ってきたノウハウを教授するなど、プロジェクト全体を通して南カリフォルニア大学を支援していく。

急速充電器で充電中のi-MiEV(参考画像)