シボレー スパークEV(ロサンゼルスモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》

ゼネラルモータースは11月28日、ロサンゼルスモーターショー12で同社初となる純電気自動車、シボレー『スパークEV』を公開した。実車のお披露目は今回が初。スピーチでは「簡単に日産リーフを打ち負かすことができる」と過激な発言も飛び出した。

スパークEVは同社のEV『ボルト』の技術を活用、市街地など短距離利用を目的とすることで発電用エンジンを廃し、バッテリーの電力でモーターを駆動する小型の純EV。GMはこのスパークEVのアピールポイントは「ファン・トゥ・ドライブ」だと説明する。

電動車両開発チーフのパメラ・フレッチャー氏はスピーチの中で「スパークEVは最大130馬力、400ポンドフィート(55.3kgm)の瞬間トルクを発生させる。これはポルシェ911やフェラーリ458よりもトルクフル。0-60マイル加速はなんと8秒!簡単に日産リーフを打ち負かすことができる。これがあなたが(スパークEVを)選ぶ理由になるでしょう」と、かねてよりGM製EVのライバルとされていた日産『リーフ』を牽制した。

さらに、所有コストはシボレーブランドのエントリーモデルであるガソリン車の『スパーク』とほぼ同じであり、これも購入の決め手となるだろうと説明する。販売価格は、優遇税制が適用され2万5000ドル(約205万円)から。

ステージでは、「ファン・トゥ・ドライブ」なスパークやスポーツバイク、若者をイメージさせるスケートや先進技術を象徴するロボット、さらにシボレーボルトを混ぜ合わせたらスパークEVができました、といったように「いいとこ取り」なクルマであることをアピールするデモンストレーションが披露された。

シボレー スパークEV(ロサンゼルスモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 シボレー スパークEV(ロサンゼルスモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 シボレー スパークEV(ロサンゼルスモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 シボレー スパークEV(ロサンゼルスモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 シボレー スパークEV(ロサンゼルスモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 シボレー スパークEV(ロサンゼルスモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 シボレー スパークEV(ロサンゼルスモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 シボレー スパークEV(ロサンゼルスモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 シボレー スパークEV(ロサンゼルスモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 シボレー スパークEV(ロサンゼルスモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 シボレー スパークEV(ロサンゼルスモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》