980MPa級ハイテンGA(センターピラーモデル金型)

JFEスチールは、自動車の車体骨格部品向けに従来よりも伸び特性の高い780MPa級高張力合金化溶融亜鉛めっき(ハイテンGA)鋼板が、乗用車の骨格部品に採用されたと発表した。同社の型780MPa級ハイテンGA鋼板が採用されたのは初めて。

自動車の車体強度や耐衝突特性を支える骨格部品では、軽量化を目的に鋼板の高強度化ニーズが高まっている。しかし、一般に鋼板の強度が上がるとプレス加工に必要な延性(伸び)が低下するため、高強度鋼板における伸び特性の向上が求められていた。

同社は独自のプロセス技術の導入により、新しい成分設計に基づくハイテンGA鋼板を開発し、従来に比べて平均値で約2割の伸び特性の向上を実現した590〜980MPa級のハイテンGA鋼板の開発を完了した。

プレス加工が困難であったため従来590MPa級にとどまっていた車体骨格部品について、780MPa級の高張力鋼板を積極的に適用することが可能となった。今回これらの特性が評価され、乗用車の骨格部品に780MPa級ハイテンGA鋼板が採用された。同社では、980MPa級ハイテンGA鋼板までの開発も完了している。

同社では材料の適用を複数の自動車メーカーと共同で検討しており、今後も引き続き車体骨格部品への採用範囲の拡大を図るとともに、高性能な高張力鋼板の開発に注力、軽量化を始めとする供給先の要望に対応していく構え。