11月26日午前5時ごろ、鳥取県米子市内の国道431号を走行していた原付バイクに対し、後ろから進行してき大型トラックが追突する事故が起きた。バイクは転倒し、運転していた69歳の男性が死亡。警察はトラック運転手の男を現行犯逮捕している。

鳥取県警・米子署によると、現場は米子市西福原8丁目付近で片側2車線の直線区間。新聞配達用の原付バイクは道路左側の路肩を走行していたが、後ろから進行してきた大型トラック(タンクローリー車)が追突した。

バイクは弾き飛ばされるようにして転倒。運転していた同市内に在住する69歳の新聞配達員の男性は近くの病院へ収容されたが、頭部強打が原因でまもなく死亡した。警察はトラックを運転していた兵庫県新温泉町内に在住する65歳の男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕。男性死亡後は容疑を同致死に切り替え、調べを進めている。

事故当時、現場では弱い雨が降っていた。調べに対して男は「前をよく見ていなかった」などと供述しているようだ。