フィアット 500cアバルト(ロサンゼルスモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》

フィアットの米国法人で、クライスラーグループ傘下のフィアットUSAは11月28日(日本時間11月29日未明)、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー12において、『500cアバルト』を発表した。

同車は、すでに日本などでも販売されている『アバルト500C』の北米バージョン。フィアットは2011年、1984年以来、実に27年ぶりに米国市場へ参入を果たし、『500』を発売した。500cアバルトも、フィアットUSAの車種ラインナップ拡大策の一環として導入される。

搭載エンジンは、米国向けのハッチバックの『500アバルト』と同じく、1.4リットル直列4気筒ガソリン「マルチエア」ターボ。最大出力160ps、最大トルク23.5kgmを引き出す。5速MTとの組み合わせで、0-96km/h加速は約7秒のパフォーマンスだ。

足回りは、アバルト流儀でサスペンションやブレーキを専用チューン。内外装にも、スポーティな演出が施された。フィアットUSAは、「サーキット走行での耐久性にも配慮した」と説明している。

フィアット 500cアバルト(ロサンゼルスモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 フィアット 500cアバルト(ロサンゼルスモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 フィアット 500cアバルト(ロサンゼルスモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 フィアット 500cアバルト(アバルト500C) フィアット 500cアバルト(アバルト500C) フィアット 500cアバルト(アバルト500C) フィアット 500cアバルト(アバルト500C) フィアット 500cアバルト(アバルト500C) フィアット 500cアバルト(アバルト500C) フィアット 500cアバルト(アバルト500C)