脱着ボデートラック「アームロール」

新明和工業は、脱着ボデートラック『アームロール』の4トン車級の新モデルを開発、12月3日より販売を開始する。

同車は、一般貨物のほか、廃棄物や農産物を効率的に収集・運搬するため、荷台であるコンテナの脱着機能と、積載物の排出機能を備えた車両。

新モデルでは、構造部の軽量化により、クラストップの積載能力を実現したほか、作業時のアームの長さを短くすることで、脱着時の最大地上高を低減、従来製品に比べ建屋内での作業性を高めた。

また、スライドアームの形状を最適化し、コンテナにフックをかける際、アーム先端部の確認バーが運転席後部窓から確実に目視できる構造とした。さらに、脱着作業中にアームを自在に伸縮できる「キャッチング・コントロール機能」をオプション設定したほか、脱着時に必要な基本性能を強化した。

販売目標は、2013年度で600台。