アキュラ RLX(ロサンゼルスモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》

ホンダの高級ブランド、アキュラは28日、ロサンゼルスモーターショー12で新型『RLX』を発表した。RLXは同ブランドのフラッグシップとなるミドルサイズセダンで、『レジェンド』の後継車となる。

パワートレインは310hpを発揮する3.5リットルV6、SOHC i-VTECエンジンで、EPA燃費は、市街地が20mpg(8.5km/リットル)、高速が31mpg(13km/リットル)、複合で24mpg(10.2km/リットル)。

また、2013年後半にはホンダ独自のスポーツハイブリッドシステム「スポーツハイブリッド SH-AWD」を搭載したモデルの登場も予告されている。これは370hpを発揮し、EPA燃費は市街地、高速、複合ともに30mpg(12.7km/リットル)と、スポーツ走行と環境性能を両立させたモデルとなる。

RLXは、同ブランド最上級セダンとして、特にインテリアの質感にこだわった。また、スマートフォンと車載システムを連携させる最新のテレマティクス「アキュラリンク」の採用や、レーダーを使用した安全装置など先進技術も盛り込んでいる。

ロサンゼルスモーターショーのプレスカンファレンスでは、入門車『ILX』や『RDX』の好調によりアキュラブランドの販売が前年比28%の成長だったことをアピール。RLXの発売により、レクサス『GS350』やアウディ『A6』、BMW『535i』など、高級ミドルクラスセダンの市場にさらなる攻勢をかける。

アキュラ RLX(ロサンゼルスモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 アキュラ RLX(ロサンゼルスモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 アキュラ RLX(ロサンゼルスモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 アキュラ RLX(ロサンゼルスモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 アキュラ RLX(ロサンゼルスモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 アキュラ RLX(ロサンゼルスモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 アキュラ RLX(ロサンゼルスモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 アキュラ RLX(ロサンゼルスモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 アキュラ RLX(ロサンゼルスモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 アキュラ RLX(ロサンゼルスモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 アキュラ RLX(ロサンゼルスモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》