スバル インプレッサG4で快適性をチェック《撮影 雪岡直樹》

富士重工業は28日、国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が実施した2012年度自動車アセスメント(JNCAP)において、スバル『インプレッサG4(4ドア)/SPORT(5ドア)』が最高評価である5つ星の評価を受け、「新・安全性能総合ファイブスター賞」を受賞したと発表した。

JNCAPは、フルラップ全面衝突、オフセット全面衝突、側面衝突に加え、後面衝突頭部保護性能、歩行者頭部保護性能、ブレーキ性能試験、安全装置の装備状況など、多面的な安全性能を総合的に評価する制度。

同車の主な評価ポイントには、オフセット全面衝突、側面衝突、後面衝突頭部保護、歩行者頭部保護などで、いずれも最高評価のレベル5を獲得したことなどが挙げられている。

スバル インプレッサ SPORT《撮影 青山尚暉》