上海GMのセイル SPRINGO EV

米国の自動車最大手、GMは11月27日、中国の北京市で開催された国際自動車会議、「FISITA2012」において、中国でのEV開発を強化すると発表した。

これは、FISITA2012 に登壇したGMのジョン・ランクナー研究開発担当副社長が明らかにしたもの。同副社長は、「中国でのEV開発を加速させる」と宣言したのだ。

すでにGMは、プラグインハイブリッド車のシボレー『ボルト』を中国市場へ投入。キャデラック『エスカレード』、ビュイック『ラクロス』には、ハイブリッド車を設定している。11月22日に開幕した広州モーターショー12では、中国向けの新型EV、『セイルSPRINGO』を発表したばかり。

GMは2011年9月、上海市に新しい研究開発施設、「アドバンスドマテリアルラボ」を開設。バッテリーや軽量素材の研究開発を進めている。今後この施設が、中国におけるEV開発を加速させる重要な役割を担うことになる。

上海GM・セイルSPRINGO EV《撮影 土屋篤司》 上海GM・セイルSPRINGO EV《撮影 土屋篤司》 上海GM・セイルSPRINGO EV《撮影 土屋篤司》 上海GM・セイルSPRINGO EV《撮影 土屋篤司》 上海GM・セイルSPRINGO EV《撮影 土屋篤司》