Think Blue. World Championship 2012を制したのはドイツ代表で、燃費は49.9mpg(21.2km/リットル)だった。《撮影 宮崎壮人》

フォルクスワーゲンが11月26日、27日の2日間にわたり開催したエコドライブ世界選手権「Think Blue. World Championship 2012」。17か国、18チームの頂点に立ったのはドイツで、燃費は49.9mpg(21.2km/リットル)だった。日本代表の澤野浩康さんは12位という結果だった。

米国カリフォルニアで開催された本大会。サンフランシスコからロサンゼルスまでの700kmを2日間で走り、エコドライブの腕を競った。競技車両には米国で年内に発売予定の新型ハイブリッド車『ジェッタハイブリッド』が選ばれた。

今回のコースは高速道路が中心で速度域が高く、運転技術の差が出にくい混戦の中、ドイツチームが頭ひとつ突き抜けた。ドイツチームのドライバー、Zauftさんは「いつも通りの運転をしただけ。速度を60マイル/hにキープして走った」と自身のエコドライブのポイントを語った。

日本代表の澤野さんは惜しくも12位、燃費は46.4mpg(19.7km/リットル)だった。ジェッタハイブリッドの公称燃費19.1km/リットルを上回るも、世界の壁は大きかった。

発表された3位までの結果は以下の通り。

1位:ドイツ 49.9mpg(21.2km/リットル)
2位:オーストラリア 48.7mpg(20.7km/リットル)
3位:フランス 48.6mpg(20.6km/リットル)

1位ドイツ、2位オーストラリア、3位フランス《撮影 宮崎壮人》 VW ジェッタハイブリッド。写真は日本代表・澤野さんが運転する7号車《撮影 宮崎壮人》 Think Blue. World Championship 2012《撮影 宮崎壮人》 Think Blue. World Championship 2012《撮影 宮崎壮人》 ドイツ代表 Zauftさん父娘《撮影 宮崎壮人》 フランス代表 ピカールさん夫妻《撮影 宮崎壮人》 オーストラリア代表 バーナードさん夫妻《撮影 宮崎壮人》 Think Blue. World Championship 2012《撮影 宮崎壮人》 Think Blue. World Championship 2012《撮影 宮崎壮人》 ゴールするジェッタハイブリッド《撮影 宮崎壮人》 日本代表・澤野浩康さんと息子の浩輝くん《撮影 宮崎壮人》