米ホンダのCHPドローン スクワッド

ホンダの米国法人、アメリカンホンダは、11月28日に米国で開幕するロサンゼルスモーターショー12の恒例イベント、「デザインチャレンジ」に、『CHPドローン スクワッド』を出品すると発表した。

毎年、ロサンゼルスモーターショー12では、「デザインチャレンジ」と呼ばれるイベントを開催する。これは、米国カリフォルニア州にデザイン拠点を置く自動車メーカーが参加するデザインコンペティションで2012年は、GM、BMWグループ、メルセデスベンツ、スバル、ホンダ(日本と米国)がエントリーしている。

2012年のテーマは、「2025年のハイウェイパトロールカー」。ホンダR&Dアメリカのカリフォルニア州アドバンスドデザインスタジオが、今年のデザインチャレンジに出品する作品はCHPドローン スクワッドとなる。

CHPドローン スクワッドは、ホンダらしく、四輪車の「オートドローン」と、二輪車の「モトドローン」で構成する。二輪車は、四輪車の中に格納できる。なお、二輪車は自動運転、四輪車は自動運転と人間による運転の両方に対応する。ヘリコプターで吊り下げての移動が可能で、迅速に現場に急行できるとしている。

米ホンダのCHPドローン スクワッド 米ホンダのCHPドローン スクワッド