インテック、GPS電波が届かない屋内で現在位置を推定する技術を開発

インテックは、スマートフォン向けに、GPS衛星の電波が届かない屋内や地下空間での現在位置を推定する技術を開発したと発表した。

iPhoneやAndroidなどスマートフォンの内蔵センサーから取得した位置情報と音波による位置補正情報を組み合わせた独自のハイブリッド方式で、ショッピングモールや地下街の店舗ガイド、屋内でのスタンプラリーなど、GPS電波が届かない屋内の各種イベント、文化施設での案内などへの応用を見込む。

新技術は、歩行者自律航法により取得した相対位置情報と、音波信号技術により取得した位置補正情報を組み合わせたハイブリッド方式により、屋内や地下空間で測位をするもの。

例えば店舗へ導入した場合、スマートフォンを持った会員が来店すると、まずスマートフォンに内蔵されたセンサーから相対位置情報を取得する。相対位置情報のみでは最大数メートルの誤差があるため、店舗内に複数設置した、人には聞こえない音波信号を発する装置から、位置を補正する信号を内蔵マイクで取得し、より正確に現在位置を推定する。

同社は、新開発技術を11月27日から開催される「第21回新聞製作技術展」に出展し、同日よりこの技術を使ったソリューションの販売を開始する。

インテック、GPS電波が届かない屋内で現在位置を推定する技術を開発