BAR RA106と共に撮影に応じる小暮卓史《撮影 重信直希》

あいにくのウエット・コンディションのため2輪、4輪ヒストリック・マシンの走行は軒並み中止となった。しかし、BARのF1マシン『RA106』だけは違った。レイン・タイヤを履いてコースに飛び出したのだ。

F1マシンを駆るのは小暮卓史。木暮のドライビングで往年のホンダ・サウンドを楽しんだ。

そして登場した佐藤琢磨。フォーミュラ・ニッポンの「スウィフト・ホンダ」でロードコースを走り出したが、最終ラップでなんとオーバルコースへとステアリングを切った。

インディカーさながらにスーパースピードウェイを走った琢磨は、最後に派手なスピンターンまで披露してファンを魅了した。

WTCCマカオ戦で3位入賞を果たした『シビック WTCC』とGT300マシン『CR-Z GT』はランデブー走行を披露した。

佐藤琢磨のスウィフト・ホンダ《撮影 重信直希》 佐藤琢磨のスウィフト・ホンダ《撮影 重信直希》 WTCCシビックとGT300のCR-Z GT《撮影 重信直希》