GMのデザインチャレンジ作品、ボルト スクワッド

米国の自動車最大手、GMは11月28日、米国で開幕するロサンゼルスモーターショー12の恒例イベント、「デザインチャレンジ」に、『ボルト スクワッド』を出品すると発表した。

ロサンゼルスモーターショー12では毎年、「デザインチャレンジ」と呼ばれるイベントを実施。米国カリフォルニア州にデザイン拠点を置く自動車メーカーが参加するデザインコンペティションだ。2012年はGMの他に、BMWグループ、メルセデスベンツ、ホンダ(日本と米国)、スバルがエントリーしている。

2012年のテーマは、「2025年のハイウェイパトロールカー」。カリフォルニア州のGMのアドバンスドデザイン部門が、今年のデザインチャレンジに出品するのが、ボルト スクワッドだ。

ボルト スクワッドは、「オブザーブ」、「パルス」、「エンゲージ」と命名された形態の異なる3種類で構成。1号車が飛行物体、2号車が三輪車、3号車が四輪クロスオーバー車となっており、2025年のハイウェイで、それぞれが最適のパトロール業務を遂行するという想定。

なお、3台ともパワートレインには、プラグインハイブリッド車、シボレー『ボルト』のシステムを発展させたEVパワートレインを採用する。

GMのデザインチャレンジ作品、ボルト スクワッド