ルノー・メガーヌツーリングGTライン《撮影 内田俊一》

ルノー・ジャポンは『メガーヌ』をマイナーチェンジ。同時にワゴンボディのエステートを追加し、12月6日より発売を開始する。

「これまで現行のメガーヌは、ハッチバックのみの導入で、ベージュのインテリアを持つプレミアムラインと、ブラック内装のGTラインの2グレードを設定していました」とは同社商品担当のフレデリック・ブレンさん。

そして、「メガーヌのコンセプトであるDesign for the Driver のDNAを考えると、GTラインのグレードがよりふさわしいことがわかりましたので、今回からハッチバックはGTラインのみのグレード設定としました」という。しかし、「これだけだと、メガーヌを活性化させるためには難しいので、このコンセプトにぴったりなボディタイプとして、エステートのGTラインを導入したのです」と述べる。

ハッチバックの変更点は、「価格がこれまで275万円でしたが、LEDヘッドランプを導入し、内装トリムやメーターパネルを変更し、268万円としました。その価格にプラス10万円の278万円で、エステートGTラインを導入します。この価格はかなり戦略的な価格となっているのです」

また、これまではハッチバックのみであったため、ユーザーもチョイスがなかった。「もう少しリアのニールームが欲しいとか、荷物を積むので、ラゲッジルームが大きいモデルはないのかという声があったのですが、これからは、ユーザーが自分のライフスタイルに合わせて選択することが出来るようになります」。例えば、「夫婦二人や、子供が大きくなって親離れしたらハッチバックで十分でしょう。そして、エステートはホイールベースを6cm伸ばしたことで、ニールームもエステートの方が広く、後席の居住性が向上しているので、家族4人から5人で乗るにはエステートが適しているかなと思います」と語った。

ルノー・メガーヌツーリングGTライン《撮影 内田俊一》 ルノー・メガーヌツーリングGTライン《撮影 内田俊一》 ルノー・メガーヌツーリングGTライン《撮影 内田俊一》 ルノー・メガーヌハッチバックGTライン《撮影 内田俊一》 ルノー・メガーヌハッチバックGTライン(手前)とエステートGTライン《撮影 内田俊一》