ミネベア、リーフ向け高性能レゾルバを開発

ミネベアは、日産自動車の電気自動車(EV)「リーフ」の走行モーター向けに「高性能VR型レゾルバ(回転角センサー)」を開発し、日産の横浜工場に納入開始した。

VR型レゾルバは、走行モーターの回転を正確に制御するために欠かせない角度センサーで、EVやハイブリッド自動車(HV)の電力消費率や走行性能に大きな影響を与える基幹部品となる。

ミネベアは、リーフ向けに適したVR型レゾルバの開発を目指し、磁場解析技術を駆使したシミュレーションと改良を繰り返し開発してきた。この成果として走行モーターの特性向上に貢献できる巻き線仕様とローター・ステーター形状を持つ高性能VR型レゾルバの開発に成功した。

ミネベアでは、EPSモーター用回転角センサーとしてVR型レゾルバを生産しているタイのバンパイン工場で、リーフ向け専用生産ラインを新設した。今後も順次生産ラインの増設を計画しており、将来にわたって安定して供給していく。

日産・リーフ 日産・リーフ 日産・リーフ 日産・リーフ ミネベア、リーフ向け高性能レゾルバを開発