フィアット・500《撮影 内田俊一》

11月25日、大磯ロングビーチ(神奈川県中郡大磯町)にて、48回目となるSHCCミーティングが開催された。主催は湘南ヒストリックカークラブ。

春と秋の年2回開催されているこのイベントは、1969年までに生産された車両とその同型車、及び主催者が認めた車両が対象となるジムカーナ競技である。

今回も100台近いエントリーを集め、人気の高さが伺えた。参加車両も戦前車から『ミニ』やフィアット『500』など少し懐かしいモデルまで多岐にわたり、参加者はもちろんのこと、見学者の目も楽しませていた。特に今回は、戦前車のオースチン『7』がサルーンボディからワンオフのスペシャルまで7台も集まったことが大きな特徴だった。

さて、コースは、クラシックカーだからと簡単な設定ではなく、ヘアピンや、スラローム、360度ターンなどを組み合わせた本格的なもの。しかも開催ごとにコースレイアウトを変えることで、リピーターにも飽きさせない工夫が凝らされている。

次回のこのジムカーナは6月2日、同じく大磯ロングビーチにて開催される予定だ。

フィアット・アバルト1000TCスペシャル《撮影 内田俊一》 フィアット・アバルト124ラリー《撮影 内田俊一》 アルファロメオ・1750ベルリーナ《撮影 内田俊一》 オースチン・7SPL《撮影 内田俊一》 オースチン・ミニ《撮影 内田俊一》 オースチン・ランサー《撮影 内田俊一》 フォード・エスコートRS1600MK1《撮影 内田俊一》 ロータス・エラン《撮影 内田俊一》 ジャガー・Eタイプ《撮影 内田俊一》 ルノー・4《撮影 内田俊一》 不バル・1300G《撮影 内田俊一》