ドライバーズタイトル3連覇を達成したセバスチャン・ベッテル(2012年 ブラジルGP)

小雨が模様の難しいコンディションでスタートした最終戦ブラジルGPで、6位入賞を果たしたセバスチャン・ベッテル(レッドブル)が、3年連続、史上最年少のワールドチャンピオンに輝いた。年間2位のアロンソ(フェラーリ)とのポイント差は「3」だった。

レースはバトン(マクラーレン)が優勝、2位アロンソ、3位マッサ(フェラーリ)という結果だった。小林可夢偉も9位入賞を果たしている。

シューマッハに祝福されるベッテル(2012年 ブラジルGP) ドライバーズタイトル3連覇を達成したセバスチャン・ベッテル(2012年 ブラジルGP) ドライバーズタイトル3連覇を達成したセバスチャン・ベッテル(2012年 ブラジルGP) ドライバーズタイトル3連覇を達成したセバスチャン・ベッテル(2012年 ブラジルGP) ドライバーズタイトル3連覇を達成したセバスチャン・ベッテル(2012年 ブラジルGP)