パストール・マルドナド(ウィリアムズ)(参考画像)

予選を6位で終えていたウィリアムズのパストール・マルドナドは、重量検査の指示に従わなかったとしてグリッド10位降格処分を受けた。

本来なら処分なしで終わるケースだが、今回のけん責がシーズン3度目となったため自動的にグリッド10位降格処分に変わった。

マルドナドは予選Q3で6位を獲得していた。ペナルティの結果、スタート位置は16位からとなり、改訂グリッドは以下の順となる(ハミルトンがPP)。

ハミルトン:バトン
ウェーバー:ベッテル
マッサ:ヒュルケンベルク
アロンソ:ライコネン
ロズベルグ:ディレスタ
セナ:ペレス
シューマッハ:小林
リチャルド:マルドナド
ベルニュ:グロージャン
ペトロフ:コバライネン
グロック:ピック
カーティケヤン:デラロサ

パストール・マルドナド(ウィリアムズ)(参考画像) パストール・マルドナド(ウィリアムズ)(参考画像) パストール・マルドナド(ウィリアムズ)(参考画像) パストール・マルドナド(ウィリアムズ)(参考画像)