F1 ブラジルGP(2012年)

ドライバーズタイトルがかかったシーズン最終戦のブラジルGP予選、フロントロウはマクラーレンのペアが独占した。ポールポジションを獲得したのはルイス・ハミルトンで、ジェンソン・バトンがそれに続いた。

チャンピオン候補の最右翼、セバスチャン・ベッテルは若干勢いを欠いて4番手。この最終戦で是が非でも優勝したいフェルナンド・アロンソは8番手で予選を終えている。

アロンソはQ3で一時的に4位となったが以後はライバルたちが順々にタイムを出す中、順位を8位まで押し下げられた。ベッテルも一時は10番手までポジションを下げていたが、最終的に4位を取り戻している。

レッドブルのマーク・ウェーバーは一時、タイムシートのトップに躍り出たが、ハミルトンとバトンの最終アタックに逆転された。

小林はQ3に進出できずに15番手止まり。

また、このウィークエンドは終始天候が不安材料だったが、実際の降雨は予選セッションの30分前のにわか雨に留まった。Q1セッションの前半のみ、各チームはインターミディエートを使用したが、Q1終了前にはコースは完全にドライとなっている。


1: ハミルトン(マクラーレン) 1'12.458
2: バトン(マクラーレン) 1'12.513
3: ウェーバー(レッドブル) 1'12.581
4: ベッテル(レッドブル) 1'12.760
5: マッサ(フェラーリ) 1'12.987
6: マルドナド(ウィリアムズ) 1'13.174
7: ヒュルケンベルク(フォースインディア) 1'13.206
8: アロンソ(フェラーリ) 1'13.253
9: ライコネン(ルノー) 1'13.298
10: ロズベルグ(メルセデスAMG) 1'13.489

Q2落ち
11: ディレスタ(フォースインディア) 1'14.121
12: セナ(ウィリアムズ) 1'14.219
13: ペレス(ザウバー) 1'14.234
14: シューマッハ(メルセデスAMG) 1'14.334
15: 小林(ザウバー) 1'14.380
16: リチャルド(トーロロッソ) 1'14.574
17: ベルニュ(トーロロッソ) 1'14.619

Q1落ち
18: グロージャン(ロータス) 1'16.967
19: ペトロフ(ケータハム)1'17.073
20: コバライネン(ケータハム) 1'17.086
21: グロック(マルシャ) 1'17.508
22: ピック(マルシャ) 1'18.104
23: カーティケヤン(HRT) 1'19.576
24: デラロサ(HRT) 1'19.699

107% time: 1'20.330

F1 ブラジルGP(2012年) F1 ブラジルGP(2012年) F1 ブラジルGP(2012年) F1 ブラジルGP(2012年) F1 ブラジルGP(2012年)