クライスラー・イプシロン《撮影 内田俊一》

フィアットクライスラージャパンは、12月15日より、個性派コンパクトカーであるクライスラー『イプシロン』の発売を開始すると発表した。価格は235万円から。

「イプシロンのエクステリアはパーフェクトだと思っています」と述べるのはクライスラーグループLLCクライスラーデザイン統括のブランドンLファウロート氏。「日本の狭い道路事情にとって望ましい5ドアで、都市部におけるドライビングのしやすさを実現したモデルです」と述べる。

デザインについては、「全体のフォルムの一体性により、ユニークなコンパクトカーに仕上がっています。リアのドアハンドルがボディと一体化しているところも特徴的なデザインでしょう。エキサイティングでダイナミックなデザインですが、5ドアを採用するなど機能性も高いモデルです」

また、リアビューについては、「特徴的なテールランプは、フェンダーに溶け込むようなデザインです。そして、ルーフはテールゲートに融合するようなデザインとなっており、リアビューの非常に重要なデザインポイントとなっています」と説明する。

そして、フロント周りでは、「特徴的なクライスラーグリルは、DNAを継承しています。『300』もイプシロンも共通で、造形的な美しさにウイングのエンブレムがとどめを刺しているのです」と話す。

ボディカラーは、「グレー、ブラック、ホワイトといったボディカラー以外にも、同時に大胆なレッドやブルー、パープルといったカラーも用意しました。さらに、キャメル、ブラウンなどの洗練したカラー。そして、黒とゴールドをブレンドしたブラックゴールドといった特徴的なカラーもあります」と語った。

クライスラー・イプシロン《撮影 内田俊一》 クライスラー・イプシロン《撮影 内田千鶴子》 クライスラー・イプシロン《撮影 内田俊一》 クライスラー・イプシロン《撮影 内田俊一》 クライスラー・イプシロン《撮影 内田俊一》 クライスラー・イプシロン《撮影 内田俊一》 クライスラー・イプシロン《撮影 内田俊一》 クライスラー・イプシロン《撮影 内田俊一》 クライスラー・イプシロン《撮影 内田俊一》 クライスラー・イプシロン《撮影 内田俊一》 クライスラー・イプシロン《撮影 内田千鶴子》