マツダ・アテンザ《撮影 内田俊一》

マツダから発売された新型『アテンザ』には、“魅せる”、“昂ぶる”、“繋がる”の3つのキーバリューがあるという。

その中の“昂ぶる、人馬一体の爽快な走り”について、商品本部新型アテンザ開発担当主査の梶山浩氏は、「(アテンザには)運転すると自然に笑顔が湧くという商品コンセプトを持たせています。クルマを操る際は、ペダルやステアリングの操作によって意思を表現します。そのときに、人の期待を超えて気持ちよくクルマが反応してくれる。これが人馬一体の爽快感にとって最も重要なファクターです」と話す。

そして、「人の意思によるアクセルペダルの踏込み量や踏込み速度のわずかな違い、そして、クルマの反応への人の期待を理解することを追求しました。そのためにこだわったのはスピードコントロールです」と述べ、新型アテンザは、「ドライバーの意図を汲んで思い通りのスピードコントロールが出来ることを可能にしたのです」と自信だ。具体的には、「発進時や追い越し時など全ての走行シーンに応じて人の期待をクルマが理解し、反応するように作り込んだのです」

例えば、「低速走行中にアクセルをゆっくり踏んでいくと、現在のギアをキープして粘りのある力強い加速を提供します。また、ワインディングロードや素早い追い越しをしたい場合などでは、小気味よくシフトダウンをし、キビキビとした加速を提供することが出来るのです」。つまり、「ゆったりと運転したいときはゆったりと。キビキビと運転したいときにはキビキビと。まるで人の気持ちをクルマが読み取るかのように、爽快な走りを楽しんでもらえるのです」と説明する。

最後に梶山氏は、「アテンザは従来からマツダがこだわった、意のままのステアリング、ハンドリングの爽快感に加え、こうした領域でも人馬一体を着実に進化させているのです」と語った。

マツダ・アテンザ《撮影 内田俊一》 マツダ・アテンザ《撮影 内田俊一》 マツダ・アテンザ《撮影 内田俊一》 マツダ・アテンザ《撮影 内田俊一》 マツダ・アテンザ《撮影 内田俊一》