ジェットスター・ジャパンは、12月6日から2013年3月30日まで、関西〜成田など、3路線で、合計806便を運休やダイヤ変更すると発表した。

社内規定を満たさない整備士を配備していたことで、国土交通省から11月16日に厳重注意を受け、関西空港を第2の拠点として活用できなくなったため。

運休・ダイヤ変更は関西〜成田、成田〜羽田、関西〜那覇の3路線で、このうち12月6日〜21日まで関西〜那覇線の1日2往復など、合計262便が運休となる。同社によると4376人が予約していた。ダイヤ変更対象は1万1270人が対象で、他の便への振り替えや払い戻しで対応すると、している。