フィアット500の派生車種として登場した小型MPV、フィアット500L(参考画像)

11月28日、米国で開幕するロサンゼルスモーターショー12。イタリアの自動車大手、フィアットが同ショーにおいて、複数の新型車をワールドプレミアすることが分かった。

これは11月21日、米国の自動車大手で、米国市場にフィアットブランドを導入しているクライスラーグループが明らかにしたもの。「フィアットブランドがロサンゼルスモーターショー12で、複数の新型車を初公開する」と告げられたのだ。

すでに公表されているワールドプレミアは、フィアット『500』のEV、『500e』。また『アバルト500C』の米国版が、『500アバルト カブリオレ』として、同ショーでデビューすることが決定している。

クライスラーグループが「複数の新型車」と説明するからには、さらなる新型車が用意されている可能性が高い。これに関しては、フィアット500の派生MPV、『500L』の新バージョンとの情報もある。

フィアット500の派生車種として登場した小型MPV、フィアット500L(参考画像)