ルノー・メガーヌ エステートGT ライン《撮影 内田俊一》

ルノー・ジャポンは11月22日、『メガーヌ GTライン』(ハッチバック)をマイナーチェンジするとともに、同時にワゴンタイプの『メガーヌエステートGTライン』を発表した。いずれも12月6日より販売を開始する。

ルノー・ジャポン代表取締役の大極司氏は、このメガーヌエステートGTラインについて、「スタイリングに惚れて、ぜひ日本に導入したいと交渉し、ようやく導入できました」と話す。

大極氏は、「最近のトレンドだと思いますが、スポーツクーペツアラー、例えばメルセデスからは『CLSシューティングブレーク』が登場しています。ただし、これは1600万円に対し、メガーヌは200万円台なので価格帯は全く違いますが、カテゴリーとしては同じクーペの美しさを持ったエステートです。このようなモデルが、日本のマーケットにもどんどん出てくるのではないかと思っています」と述べる。

このメガーヌエステートGTラインは、「ワゴンの使い勝手、使いやすさをきちんと保ちながら、美しいフォルムを持ち、足回りはルノースポールがチューニングしているので、スポーティな走りも楽しめます」とそのポイントを語る。そして、「この3拍子にプラスして、多くのユーザーの方々に購入してもらえる値段設定にしていますので、4拍子揃ったクルマだと思っています。自信を持って日本市場に送り出すモデルです」とした。

価格はメガーヌエステートGTラインで278万円。ハッチバックGTラインは268万円である。

ルノー・メガーヌ エステートGT ライン《撮影 内田俊一》 ルノー・メガーヌ エステートGT ライン《撮影 内田俊一》 ルノー・メガーヌ エステートGT ライン《撮影 内田俊一》 ルノー・メガーヌ エステートGT ライン《撮影 内田俊一》 ルノー・メガーヌ エステートGT ライン《撮影 内田俊一》 ルノー・メガーヌ エステートGT ライン《撮影 内田俊一》 ルノー・メガーヌ エステートGT ライン《撮影 内田俊一》 ルノー・メガーヌ エステートGT ライン《撮影 内田俊一》 ルノー・メガーヌ エステートGT ライン《撮影 内田俊一》 ルノーメガーヌハッチバックGTライン《撮影 内田俊一》 ルノー・ジャポン代表取締役の大極司氏《撮影 内田俊一》