アルファロメオ ジュリエッタ クワドリフォリオ・ベルデ 左ハンドル仕様

アルファロメオ『ジュリエッタ』のクワドリフォリオ・ヴェルデに試乗した。その際、所定の試乗コースを1周走るべきところを、2周もしてしまった。

今年8月のバリエーション拡大で、ジュリエッタのラインアップに標準設定化された「クワドリフォリオ・ヴェルデ」の左ハンドル仕様。このクルマは、とにかく「久々にスウィートなアルファロメオ」と断言していい。

ジュリエッタでの最上位モデルではある。その根拠は、235ps/30.6kg-mを絞り出す、シリーズ最強の1750cc直噴ターボエンジンにある。が、コイツが決して荒々しくなくスウィートなのだ。乗った瞬間にまるで自分のクルマのように手足に馴染む6速シフト&クラッチを使い走ると、低回転から6500rpmのレッドゾーン手前まで、実になめらかに吹け上がる。その間のトルクとパワーの出方も絶妙で、もれはもう、うっとりとさせられるほど。

しなやかなサスペンションもいい。1.4リットル車より乗り心地がむしろいいのは、登場時から確認済み。スポーティさを謳うにしても、やはりこれくらい洗練させたアシじゃなければね……と思う。4ドアだからファミリーカーとしてもまったく問題なく通用する。ステアリングのなめらかなフィールも相変わらずだし、運転ポジションが自然なのは、やはり左ハンドル車だからだ。ボディ剛性も、初期型よりさらに高まった印象。相変わらず、乗り終えクルマから降りて、振り返って眺めたくなるクルマの筆頭である。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年より『GOLD CARトップ・ニューカー速報』の取材/執筆を皮切りにフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

アルファロメオ ジュリエッタ スプリント《撮影 太宰吉崇》 アルファロメオ ジュリエッタ スプリント《撮影 太宰吉崇》 アルファロメオ ジュリエッタ スプリント《撮影 太宰吉崇》 アルファロメオ ジュリエッタ スプリント《撮影 太宰吉崇》 アルファロメオ ジュリエッタ スプリント《撮影 太宰吉崇》