広州モーターショー12会場のようす《撮影 土屋篤司》

11月22日、中国・広州で広州モーターショー12が開幕した。22日のプレスデーを皮切りに中国3大都市の一角を担う広州で各社が存在をアピールする。

トヨタは中国初出展の新型『VENZA/威颯(ヴェンザ)』をはじめ、コンセプトカー『雲動双擎(ユンドンショワンチン)』スモールクラス・グローバル戦略車のコンセプトモデル『TOYOTA Dear〜?(チン)〜』のセダンとハッチバック、『86』、さらには福祉車両へのアプローチも行なう。全方位戦略が垣間みられた。

ホンダは、『インサイト』『フィット ハイブリッド』を発表。今後もHVのラインアップを拡大していくことを強調した。また、2014年の中国におけるHV生産に向けて、準備を開始したことも明らかにした。

地元、広州汽車集団は北京モーターショー12でも公開した「Trumpchi」ブランドのSUV『GS5』をメインに据えた。

日中関係の緊張が続くなか、東風ホンダの水野泰秀総経理は「広州を含めた中国の南の地域では、政治と経済はそれぞれ割り切って考えられていると感じます。大人の対応とも言えるでしょう。政治の中枢がある北京とは少し感覚が異なると思います」と話した。

こうした背景からも広州における日系メーカーの中国市場に対する期待は褪せることなく、各社とも拡販に向けた懸命な姿勢がにじみ出る出展となった。

広州モーターショー12会場のようす《撮影 土屋篤司》 広州モーターショー12会場のようす《撮影 土屋篤司》 広州モーターショー12会場のようす《撮影 土屋篤司》 広州モーターショー12会場のようす《撮影 土屋篤司》 広州モーターショー12会場のようす《撮影 土屋篤司》 広州モーターショー12会場のようす《撮影 土屋篤司》 広州モーターショー12会場のようす《撮影 土屋篤司》 広州モーターショー12会場のようす《撮影 土屋篤司》 広州モーターショー12会場のようす《撮影 土屋篤司》 東風ホンダ水野泰秀総経理《撮影 土屋篤司》 広州モーターショー12会場のようす《撮影 土屋篤司》 広州モーターショー12会場のようす《撮影 土屋篤司》 広州モーターショー12会場のようす《撮影 土屋篤司》 広州モーターショー12会場のようす《撮影 土屋篤司》 広州モーターショー12会場のようす《撮影 土屋篤司》 広州モーターショー12会場のようす《撮影 土屋篤司》 広州モーターショー12会場のようす《撮影 土屋篤司》 広州モーターショー12会場のようす《撮影 土屋篤司》 広州モーターショー12会場のようす《撮影 土屋篤司》 広州モーターショー12会場のようす《撮影 土屋篤司》 広州モーターショー12会場のようす《撮影 土屋篤司》 広州モーターショー12会場のようす《撮影 土屋篤司》 広州モーターショー12会場のようす《撮影 土屋篤司》 広州モーターショー12会場のようす《撮影 土屋篤司》 広州モーターショー12会場のようす《撮影 土屋篤司》 広州モーターショー12会場のようす《撮影 土屋篤司》 広州モーターショー12会場のようす《撮影 土屋篤司》 広州モーターショー12会場のようす《撮影 土屋篤司》 広州モーターショー12会場のようす《撮影 土屋篤司》