EVレーシングカー、Formulec EF01(参考画像)

F1参戦やスーパーカー、『MP4‐12C』を発売中の英国マクラーレングループ。同社が、2014年から始まるEVフォーミュラレースのパワートレインを供給することが分かった。

これは、マクラーレングループに属するマクラーレン・エレクトロニック・システムズ社が明らかにしたもの。同社は現在、全てのF1チームに電気系の制御装置を納入している。その実績が評価され、2014年にFIA(国際自動車連盟)が開始する新たなEVレースシリーズ、「フォーミュラE」のパワートレインを受注した。

フォーミュラEの正式名称は、「FIAフォーミュラEチャンピオンシップ」。マシンの最低重量(ドライバー込み)は780kgに規定。モーターの出力などは発表されていないが、パフォーマンスに関しては、フォーミュラ3と同等レベルになる見込み。

レースの時間は、1レースあたり1時間となる予定。マクラーレン・エレクトロニック・システムズ社は、フォーミュラE用マシンのモーター、トランスミッション、電装システムを供給する。