マツダ・アテンザ《撮影 内田俊一》

マツダ『アテンザ』がフルモデルチェンジし3代目に進化した。そのコンセプトは人生を豊かにするモチベーターだという。

商品本部新型アテンザ開発担当主査の梶山浩氏によると、「新型アテンザの開発をスタートするにあたって、我々がイメージしたのは、ビジネスの成功や社会への貢献に高い志しを持つ人。自らを高めることに意欲的に挑戦しているという人物像です」という。

「こうした方々に提供したい価値、即ち商品コンセプトは、“人生を豊かにするモチベーター”」だとする。例えば、「走り抜ける街並みで行き交う人々から感じる熱い視線。駐車場に止めた後、つい振り返って見たくなるプロポーション。そして、運転すると自然に笑顔になり、ついつい遠回りしたくなる人馬一体の爽快な走り。その走りを安心して気後れすることなく楽しめる世界水準の安全環境性能」。こうしたシーンを通じて、「山積する課題に立ち向かう多忙な日々の中、一服の清涼剤のように活力を与えるよき相棒になって欲しい。ユーザーの人生においてそのようなかけがえのない存在になって欲しい。そのような想いで新型アテンザを開発しました」と語った。

マツダ・アテンザ《撮影 内田俊一》 マツダ・アテンザ《撮影 内田俊一》 マツダ・アテンザ《撮影 内田俊一》 マツダ・アテンザ《撮影 内田俊一》 マツダ商品本部新型アテンザ開発担当主査の梶山浩氏《撮影 内田俊一》