ホンダ CHiPs

ホンダは、11月28日に米国で開幕するロサンゼルスモーターショー12の恒例イベント、「デザインチャレンジ」に、『CHiPs』を出品すると発表した。

ロサンゼルスモーターショー12では毎年、「デザインチャレンジ」と呼ばれるイベントを実施。米国カリフォルニア州にデザイン拠点を置く自動車メーカーが参加するデザインコンペティションだ。2012年は、GM、BMWグループ、メルセデスベンツ、ホンダ(日本と米国)、スバルがエントリーしている。

2012年のテーマは、「2025年のハイウェイパトロールカー」。ホンダ技術研究所の東京アドバンスドデザインスタジオが、今年のデザインチャレンジに出品する作品が、CHiPsだ。

CHiPsは、クラシックな雰囲気が漂う3ホイーラーデザインを採用。細長いオープンボディの中央に、ドライバーは着座するスタイルとした。二輪車のようなハイウェイパトロールカーといえる。パワートレインは燃料電池。

ホンダは2025年、カルフォルニア州の高速道路がロボットカー(自動運転車)に移行する時期と予想。ホンダは、「さらに厳しく困難になる交通状況に対応するために、このハイウェイパトロールカーを提案した」と説明している。

ホンダ CHiPs ホンダ CHiPs