クライスラー・300《撮影 内田俊一》

フィアットクライスラージャパンは、12月15日よりクライスラー『300』を発売すると発表した。価格は398万円から。

そのエクステリアデザインについて、クライスラーグループLLCクライスラーデザイン統括のブランドンLファウロート氏は、「過去のクライスラーのヘリテージの精神が息づいていますが、さらに新しいモダンなフォルムも取り込んでいます。新しい方向性をより造形的で、そして、流線的な形でボディの中に表現しているのです。ボディの美しさをぜひ見てほしい」と話す。

さらに、「ボディとウインドウ比を3:1にしました。短いオーバーハングやサイドのキャラクターラインにより、素晴らしいプロポーションとなりました」という。

そして、全体に「明るいクロームとそして、リクイッドクロームと呼んでいるサテンクロームを採用するなど、仕上げ部分でディテールにこだわっています」と述べる。また、「ヘッドランプはハイビーム、ロービームのプロジェクターを採用した、特徴的なライトです。LEDの立形のテールランプも特徴的なリアを象徴しています」。そしてフロントグリルは、「クライスラーの象徴的なデザインとなっています。そして何よりも非常に強いキャラクター、そして、強力なアピアランスなど、他に例を見ないデザインとなっているのです」と語った。

クライスラー・300《撮影 内田俊一》 クライスラー・300《撮影 内田俊一》 クライスラー・300《撮影 内田千鶴子》 クライスラー・300《撮影 内田千鶴子》 クライスラー・300《撮影 内田千鶴子》