財務省が発表した10月の貿易統計(速報)によると、自動車、鉱物性燃料などの輸出が減少、輸入は原粗油、非鉄金属が減少し輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は5490億円の赤字となった。

貿易収支が赤字となるのは4カ月連続で、10月の赤字額は過去最大となった。

輸出額は前年同月比6.5%減の5兆1500億円だった。輸入額は同1.6%減の5兆6990億円だった。

自動車の輸出額は同12.3%減となった。このうち、中国向け輸出は同82.0%減と大幅に落ち込んだ。尖閣諸島問題の影響で、中国での日本車の販売が落ち込んでいるため。小泉純一郎首相の時、靖国神社に参拝したことで中国で反日機運が高まり、日本車の販売が低迷した2001年10月の同88.3%減以来、11年ぶりのマイナス幅となった。自動車部品も同28.1%減となった。中国向け輸出の全体は同11.6%減となった。

また、中国向け輸出の低迷でアジアの自動車輸出は同31.5%減となった。EU向けの輸出の自動車も同43.6%減と落ち込んだ。米国向けは同4.8%増だった。