新型アウディQ5発表会《撮影 小松哲也》

アウディジャパンの大喜多寛社長は11月21日都内で会見し、一部仕様変更した新型『Q5』について、2013年に1800台の販売を計画していることを明らかにした。

大喜多社長は「来年の1年間で新型Q5を1800台売っていきたい。(Q5が属する輸入車BセグメントSUVは)約4000台のマーケット。その中で、シェアは半分近く獲るのが目標」と述べた。

ユーザー層としては「国産車からの代替え比率が約半分。そのうちの15〜20%が1BOX系、SUV系から。平均年齢は44歳程度、すべてのアウディユーザーの平均年齢が48〜49歳なので、比較的若い方になる」との見通しを示した。

新型アウディQ5発表会《撮影 小松哲也》 新型アウディQ5発表会《撮影 小松哲也》 新型アウディQ5発表会《撮影 小松哲也》 新型アウディQ5発表会《撮影 小松哲也》 新型アウディQ5発表会《撮影 小松哲也》