ETロボコン全国大会

アイシングループのアドヴィックスは、組込みシステム技術協会が主催するETソフトウェアデザインロボットコンテスト(ETロボコン)全国大会で、史上初の総合部門2連覇を達成した。

ETロボコンは、組込みソフトウェアの若手技術者の育成を目的として、2002年から毎年開催。今年は、企業、大学、専門学校などから約337チームが参加した。

同社のETロボコンへの参戦は、有志による業務外の活動として2006年よりスタート。今年のチームは、制御ブレーキのアルゴリズム、ソフトウェアを開発する部署などの入社1年目、2年目の社員を中心に10人で構成し、7月から本格的な活動を始めた。

同社チームは、ソフトウェアの信頼性にこだわり、コース上で難易度の高いボーナスステージの攻略に取り組んだ結果、11月14日に横浜で開催された全国大会にて、総合部門で優勝し、2連覇を達成した。

同社は、ETロボコンへの挑戦を、若手社員がソフトウェア開発の企画から完成まで一貫して携わることができる体験教育として支援。今後も、若手技術者をはじめとする技術者の育成に注力していきたいとしている。

ETロボコン全国大会