マツダ・アテンザ《撮影 内田俊一》

マツダは11月20日、同社のフラッグシップモデルである『アテンザ』をフルモデルチェンジし、発売を開始した。

同社代表取締役会長兼CEOの山内孝氏は、アテンザは我々にとって非常に重要なモデルだという。「10年前の2002年5月に初代アテンザを国内で発表しました。厳しい経営環境の中で、我々が18カ月ぶりに発売する起死回生の新車だったのです」と振り返る。そして、「発表会でこのクルマはマツダ82年の歴史の中で忘れられないクルマのひとつになると挨拶したことを、私は今でも鮮明に覚えています」という。

「新生マツダのブランドメッセージ、“Zoom-Zoom”を最初に体現した初代アテンザは、パワートレインやプラットフォーム等を一新し、走る喜びを徹底して追求しました」。その結果、「初代と2代目を合わせ販売累計240万台、また、世界各国で186もの賞を受賞するなど大変好評を得てきたのです」

また、「新しいブランドメッセージ“Zoom-Zoom”も大きな話題を作ってきました。子供の頃、誰もが経験した動くものに対する感動、憧れを“Zoom-Zoom”という一言に表現し、世界中でキャンペーンを開始したのです。以来、一貫して我々はユーザーに心ときめくドライビング体験を提供するため、マツダブランドのDNAを“Stylish センスの良い: Insightful 創意に富む: Spirited はつらつとした”と定め、これを実現する商品作りとマーケティングに徹してきました」とし、「この間商品作りでは世界各国でカーオブザイヤーなど700を超える賞をいただきました。また、“Zoom-Zoom”は世界中で誰もが口ずさむ人気のブランドメッセージとして認知されているのです」と述べる。

そして、山内氏は「3代目アテンザの発表の機会で、私はまたこのクルマこそ、マツダの歴史上もっとも輝く1台になると申し上げる不思議なめぐりあわせを感じています。新型アテンザは“鼓動デザイン”に加え、我々が今持てる技術のすべてとこだわりを結集して作り上げた新世代商品第2弾です(第1弾は『CX-5』)。走る喜びと、優れた環境性能の調和を実現したSKYACTIV技術の最高峰ともいうべきフラッグシップモデルに仕上がっています」と自信を見せた。

マツダ・アテンザ《撮影 内田俊一》 マツダ・アテンザ《撮影 内田俊一》 マツダ・アテンザ《撮影 内田俊一》 マツダ・アテンザ《撮影 内田俊一》 マツダ代表取締役会長兼CEOの山内孝氏《撮影 内田俊一》